チューブレスタイヤ


現在のマウンテンバイクのタイヤの主流はすっかりチューブレス。チューブレスとは、その名のごとく、チューブ不要のタイヤ。チューブが無いと何がいいか?ロードバイクの場合はチューブが無いことで、軽くなるというのがあると思う。マウンテンバイクの場合はタイヤの空気圧を下げられるのが一番のメリット。チューブがあっても空気圧下げればいいじゃん!って思うけど、チューブで空気圧を下げるとタイヤとリムの間にチューブを挟んでリム打ちパンクが発生する。なので、チューブありだと空気圧を下げられない。

空気圧を下げると何がいいの?空気圧を下げてタイヤをサスペンションのように機能させることができる。

チューブレス化のメリットとして、パンク耐性が高い、というのがある。チューブレスにはシーラントという漏れ防止液を入れる。これを入れることにより例えば何かが刺さって小さい穴が開いたとしてもシーラントが穴をふさいでくれる。シーラントとは血液でいう血小板のような役割をする。

これらの効能のため、現在は多くのマウンテンバイカーがチューブレスタイヤを使っている。もし、まだ使っていないようであれば、このシーズンからチューブレスタイヤを使ってみて欲しい。今からならまだ間に合うはず!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA