E-MTB


マウンテンバイクの醍醐味といえば、下り ダウンヒルだと思う。しかし、下るためには上らないといけないわけで、スキー場のようなゴンドラやリフトがないかぎり登る必要があります。近所のトレイルにマウンテンバイクで走りに行ったときに登りで体力を使ってしまって本番の下りを楽しめないってことがある。体力さえあれば、下りを何回も楽しみたいのに登りがあるため一本で終わることも度々。下りを何度も楽しいたいのに、登りがしんどくて楽しめないのをなんとかしたい!

そこで最近もっぱら話題のE-MTBが欲しい!と思うわけですが、普通のMTBだって高くて買えないんだからE-MTBが買えるはずないのです。

諦めるのはまだ早い!!と思えるNewsが来ました。それが↓こちら!!

2種類の後付けアシストシステムがあるようで、どちらもディスクブレーキのローターに取り付け、アシストを加えるというものになっている。

 Skarperのほうは、ローターを直接ドライブしているようだが、Bimotalはローターに取り付けたギアをドライブしている。ブレーキローターにギアをつけなくいけないのは、結構面倒だと思う。

Skarperのほうは1000£で販売するようです。(2022年9月時点で15万円ほど)

2023年からドイツを中心にヨーロッパで販売するみたい。

もうひとつのBimotalの値段は2050$(2022年9月時点で約30万円)現在の為替で倍の値段になっている。こちらも2023年からの販売らしい。

性能の差は詳しくはわからないが、価格の差を考えると私にはSkarper一択に思える。

詳しい情報が入ったら、またこちらのブログで紹介したい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です